知っておきたい乳酸菌の特徴

最近では色んな物に「乳酸菌配合」などと書かれていますよね。
そんな話題の乳酸菌にはどのような特徴があり、どんな働きを見せてくれるのでしょうか?

そもそも乳酸菌と言いますが、学問上ではそんな言葉はなく、
代謝行動により乳酸に変えることの出来る細菌の総称にすぎないのです。
一言で言っても約250種類以上もの同じ様な細菌があり、名前は色々とつけられているのです。

ですが働きはすべて同じ様な働き方で、いわゆる完全なるコピーが乳酸菌の種類を増やしていると考えられているのです。
これらの一番大きな特徴と言えば、ブドウ糖などの糖分を栄養源としてそれらを摂取した時に、半分以上乳酸を生成させる力があれば、その細菌は乳酸菌ということになります。

ヨーグルトやチーズをはじめとする乳製品や、ほかには漬物や納豆といった発酵食品に多く含まれています。
なのでこれらを食べると腸内環境が正常化し、健康維持につながると言われているのです。

乳酸菌には上記に述べたように、ヨーグルトなどに含まれる動物性と植物に含まれる植物性に分かれているのも特徴なのです。

生きた状態で腸に届けるためには、植物性の方が効率が良いとされています。
動物性は酸や熱に弱く、胃酸や胆汁により死滅しやすいのですが、
植物性は酸や熱にも比較的強いため、生きて腸内に入り善玉菌として活躍してくれるのです。

最近ではこの生きた状態の乳酸菌を人工的に作った食品があるのです。

確かに生きて腸内に届くため効率的ではあるのですが、体内の常在菌と比べるとやはり弱く、腸内に停滞することは不可能だと言われています。
ですから一番良いのは胃酸などの分泌が少ない時に植物性のような強い乳酸菌を自然に摂取することが良いとされています。

皆様も腸内環境正常化のために、この乳酸菌を意識的に摂取してみて下さい。