生きている乳酸菌

最近よくテレビや雑誌で「生きて腸に届く乳酸菌」や「プロバイオティクス!」という言葉を目にしませんか?
これらは全て乳酸菌にまつわるキャッチフレーズとも言えるでしょうが、生きているとは一体どういうことなのでしょうか?

乳酸菌とは、ブドウ糖などの糖分などを栄養として乳酸を生成する細菌のことで、ヨーグルトなどの発酵物に多く存在します。
そして私達人間の体内にも備わっていて、腸や消化器官、女性であれば膣内に存在します。
他の悪玉菌の繁殖を抑制し、体内を健康な状態に維持してくれる大変重要な役割を持っています。

しかし乳酸菌を食事から摂取しようとしても、酸や熱に非常に弱いためほとんどが胃酸や胆汁に負けて死滅してしまうのです。
死滅菌も体にとって意味がないわけではありませんが、腸内環境をコントロールするという目的であれば、
やはり生きたまま腸内へ届ける必要があります。

乳酸菌には、ヨーグルトやチーズなどに含まれている動物性乳酸菌と、
納豆や麹、味噌などに含まれる植物性乳酸菌の二種類があります。

ですが、植物性は比較的熱や酸に強いため、胃で死滅することなく腸内へいくことが出来ると考えられています。
反対に動物性は酸や熱に弱いため、腸内へ届くまでに死滅してしまうとされています。

この植物性のパワーを元として、人工的に熱や酸などのダメージを与え、
菌に抗体をつけた人工的な乳酸菌が今話題となっているプロバイオティクス食品です。
プロバイオティクスとは生きたまま腸で活性化させることが目的ですが、
人工的に作られたものは自然の乳酸菌に比べて生きたまま腸に確実に届くのです。

腸内環境正常化には効果的な栄養食品だと言えます。
しかし死滅菌もコレステロール抑制や免疫力向上といった働きをしますので、
無意味なものではないということも頭に入れておきたいものです。
乳酸菌を積極的に取り入れて健康な体を作りましょう。
こちらにはヨーグルトのCMなどで耳に空いたことがある乳酸菌とビフィズス菌それぞれの体内でのはたらきについて詳しく解説されています。