注目される乳酸発酵食品

皆様は乳酸発酵という言葉をご存知ですか?一見聞きなれない言葉ではありますが、実は私達の生活に深く関係しているものなのです。
乳酸発酵というのは、糖分を栄養とし、酸素のない状況下で乳酸を生成する発酵現象のことですが、むずかしい言葉の様に思います。
ですが、我々人間は大変古くからこの乳酸発酵にお世話になっていると言われています。

特に日本というのは食品を発酵させるにあたり大変優れた気候で、昔から多くの発酵食品を産み出してきました。
その乳酸発酵を用いた代表的な食品は、ヨーグルトや漬物など私達の食生活に今もなお深く関係している食品です。

これらの食品が今また注目されている理由は、
ヨーグルトや漬物など発酵食品に含まれる乳酸菌が体に非常に良いということが明らかになります。
その効果として言われているのが、腸内環境のコントロールや、免疫力向上、アレルギー疾患の緩和、血圧改善など、
薬品並みの効果が期待出来ると言われているからです。

発酵と言うと、腐敗と一見混同されがちですが、発酵と腐敗は全く別物で、
腐敗というのは、プラスイオン状況下で腐敗菌が増殖し、食品が酸化し傷んでしまうことを言います。
勿論腐敗した食品を口にすると、食中毒など体に何らかの害が出てしまいます。

一方の発酵というのは、マイナスイオン状況下で微生物により代謝されたもので、
発酵させることにより、その食品の栄養は益々アップします。
また乳酸菌が加わることにより腐敗菌をよせつけないため、保存食品としても非常に優れたものとなると言われています。

これらの優れた力が細菌また注目され始めている理由としては、日本人の食文化であった和食離れによる偏食。
そして、ストレスによる腸内環境の悪化が近年報告が増えていることからだと考えられています。

私達の体は食べ物から出来、腸内の環境が良いことで日々の健康を維持することが出来ます。
昔の人々が産み出した知識を今また注目しなおし、自分達の健康を考え直していかねばなりません。
より良い乳酸菌の選択の仕方についても知っておきましょう。