赤ちゃんと乳酸菌の秘密

珠のように可愛い赤ちゃんということばがありますが、産まれたての赤ちゃんは、とっても可愛い反面。
「こんなに小さいけど大丈夫なんだろうか?」というほど小さくて、まだ弱々しいものです。
しかし十月十日、お母さんの安全な無菌ベットで寝ていても、出産と同時に周りの細菌に囲まれる生活がスタートします。

勿論どんなに殺菌、抗菌除去をしたとしても、一生無菌状態に保つことは絶対に無理なことですから免疫をつけていくしかありません。
しかし赤ちゃんは意外と強い!と言われるようにあんなに小さな体であっても抵抗力はバッチリなのです。
産まれて間もない時は母体から貰った免疫があるという理由もありますが、その強さの秘訣はなんと言っても、腸内の善玉菌の数です。

赤ちゃんはその抵抗力のまだついていない体を腸内の善玉菌で守っているのです。
驚くべきなのはその善玉菌の割合です。
赤ちゃんの腸内の善玉菌である乳酸菌の割合はなんと95%以上と言われていて、そのほとんどがビフィズス菌なんだそうです。
これは凄いですよね。

それから除々に母乳や離乳食、または他の細菌が腸内に入りこみ、少しずつ善玉菌の数が減少し、悪玉菌が増えて、
後にはその悪玉菌と善玉菌が居る状態を成人まで連れ添っていくのです。
この事から逆に言うと善玉菌は年々減少していきますから、お年寄りの腸内は悪玉菌で一杯になってしまっているのです。

歳をとることで、筋力が衰えていることもありますが、
お年寄りが便秘や下痢になりやすいのはこの悪玉菌のしわざで、腸内の善玉菌が少なくなっているからなのです。
ですから、お子様は勿論ですが、ご年配の方は特に、乳酸菌を積極的に取り、腸内の善玉菌を増やす必要があるのです。

腸は一番最初に出来る臓器とも言われるほど、人間にとって大切な役割を持つ場所ですから、
意識的に乳酸菌を摂取して健康的な腸内環境を作りましょう。
また最近人気なサプリメントは高麗人参です。 小さなお子様でもお飲みいただけます。
詳しくはhttp://xn--gmq95jgyynf6avmmojf.com/no6.html