効果的な摂り方とは?

最近プロバイオティクス食品が健康に良いと巷で話題となっていますよね?
ではこれは一体何かというと、ヨーグルトや乳製品、漬物などの発酵物に含まれている細菌が代謝します。
乳酸菌と呼ばれるいわゆる善玉菌になった菌を生きたまま腸に届け、
腸や消化器官の働きを正常化させ、体を健康にする食品なのです。

ではこのプロバイオティクス食品の様に、どのようにすれば乳酸菌を効果的に摂取することが出来るのでしょうか?
そもそも乳酸菌に限られたことではありませんが、細菌というのは非常に胃酸に弱いもので、
胃酸の働きにより、ほとんどの細菌が胃で死滅してしまいます。
それは私たちが外部の菌から身を守るために備えている自己防衛能力なのです。

ですが、乳酸菌というのは元々私たちの体内の腸や消化器官、膣内などに常在する細菌で、
腸の働きや他の細菌を排出させる、いわゆる善玉菌というわけです。
その善玉菌になるためには、乳酸菌が生きた状態で腸に届くことが一番望ましいと言われています。
ですから最も効果的な摂取方法は死滅させないこと。
つまり胃酸があまり多く出ない時に摂取するということです。

胃酸が一番多く分泌されるのが、極度の空腹時です。
空腹時には食べ物を見ただけで強い胃酸が分泌されます。
ということは空腹時に乳酸菌が含まれた食品を摂取しても、ほとんどが胃で死滅してしまうということになります。

また胃というのは多量に食べ物が侵入すると、胃を守るために胃酸を分泌します。
ですから大量に食べ物を摂取している時も効率が悪いと考えられます。
ではいつが一番効率的なのか?というと、極度の空腹時ではなく、
おやつ程度に食事をする時というのが一番効率の良い摂取方法と言えます。

また最近では胃酸に負けない乳酸菌も出ていますからそういうサプリメントhttp://www.kfir-l.com/kanntann.htmlなどを摂取するようにすると、時間や空腹に関係なく、生きたまま腸に届けることが可能です。
乳酸菌を効果的に摂取して腸内環境を整え、健康な体作りを目指しましょう。
こちらには動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の特徴がそれぞれ載っています。
他にも人工で作られたものもあるそうです。