乳酸菌と言えば発酵食品

最近なにかと乳酸菌が話題になっていますよね。
乳酸菌と言えばヨーグルトを想像する方も多いと思いますが、乳酸菌が含まれている食品はヨーグルトだけではありません。
私達がいつも食べている醤油や納豆、キムチ、漬物、チーズなどのあらゆる発酵食品に多く含まれています。

最近では食生活の悪化が懸念されていますが、私達日本人の食生活というのは
昔から世界的に見てもバランスの摂れた食事で、比較的に病になりにくいとされていました。
それはやはり、この乳酸菌を含む食品を多く摂取するという食文化がつくりあげたことだと思います。

しかし近年では食の欧米化が進み、肉中心の食生活になり、自然とこれらの発酵食品を摂取する機会が少なくなりつつあります。
そして今言われているのは、我々現代に生きている物の腸はもの凄く弱ってきていると言われているのです。

これはどういうことかと言いますと、本来必要である栄養素を摂らずに偏った食品生活をしているせいで、
腸内の善玉菌はめっきりと減り、悪玉菌の増殖を許してしまっているのです。

そうなると起こるのが、便秘や下痢、肌荒れ、疲労感などが出始めます。
これら不快症状は今や現代病と言いかえることができるでしょう。

ですからその腸内環境の不調を改善するために、
昔から食べられてきた、味噌や漬物、納豆など発酵食品を食べて健康な体作りをせねばなりません。
また最近では乳酸菌を効率的に吸収出来るヨーグルトなどもあります。

乳酸菌は通常胃酸や熱に物凄く弱いという特徴がありますが、
胃酸に溶けることもなく、生きた状態の乳酸菌を腸内に溶けることの出来る食品です。
勿論昔ながらの発酵食品を多く摂取することも大切ですし、乳酸菌以外の他の栄養もあります。

ですが、乳酸菌に関して言えば、乳酸菌を効率的に摂取するのは難しいですから、
このような食品や、またサプリメントなどで効率良く乳酸菌を摂取するのもおすすめです。
現代の弱った体に発酵食品や乳酸菌サプリメントなどをいれて、健康な体を目指しましょう。
また、気になるみつばち乳酸菌についての記事も是非ご覧ください。