効率良く摂れる食品とは

腸は体のバロメーターとも言われるように、腸が丈夫である人は健康な方が多いですよね。
それもそのはず、腸は私達のライフラインである食べ物の栄養を消化、吸収する重要な働きを行う場所です。
そして今その腸内環境を正常化させるのに効果があると注目を浴びているのが、乳酸菌です。

しかし乳酸菌は本来熱や酸に弱い細菌ですから、効率良く摂取しない限りあまり効果がないと言われているのです。
そこで効率良く摂るにはどのような食品を摂るべきなのか考えてみたいと思います。

乳酸菌を多く含む代表的な食品と言えば、
ヨーグルトやチーズなどの乳製品、そして納豆やキムチ、お漬物などにも豊富に含まれているのです。

これらの乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分類されますが、先程延べたように乳酸菌は酸や熱に弱いとお話しました。
ですが、比較的植物性は熱や酸に強く生きた状態のまま腸内まで届けることが出来ると言われています。

植物性とはヨーグルトやチーズなどの動物性由来のもではなく、木の葉や実といった植物に生きる乳酸菌のことです。
私達の住む日本には古くからこの植物性が多く利用されていると言われています。
代表的な含む食品と言えば、味噌や麹、醤油、糠漬けなどに多く含まれています。
ですが、近年は日本でも食の欧米化が深刻化し、これら日本の代表とも言える食品をあまり摂取しなくなってきているのです。

また最近はそれにつけくわえて「ストレス社外」などと言われるように数多くの人がストレスを抱えています。
腸とストレスは深い関係がありますから、ストレスがかかると腸内の善玉菌が減少し、お腹を壊しやすくなります。
ですから現代人はより効率的に乳酸菌を摂ることが必要なのです。

大事なのは、もう一度、味噌や麹などを使った日本の食生活をあらためてみることや、
意識的にこういった乳酸菌が含まれる食品を摂ることです。
また今ではサプリメントなどもありますから、毎日の補助としてサプリメントを利用するのも良いでしょう。