日本の発酵食品の歴史

最近は日本も健康ブームにあやかって再ブレークしているのが発酵食品です。
発酵食品の歴史は全世界でも古くから伝えられており、世界的に代表して言えるのが、ワインやチーズでしょう。

しかし私達が住んでいる日本というのは、世界から見ても発酵食品大国と言われるほどのものです。
日本のこの温暖多湿な気候は、発酵にかなり適していると言われています。

では日本の発酵食品の歴史というのはどのような物なのでしょうか?
発酵食品の歴史説は世界中でも様々なものがあり、世界においても、日本においてもはっきりとしたことは分かっていません。
今伝えられている歴史は、今から約4000年~6000年前くらいだと言われています。

逆に言えば、はっきりとした歴史を残す文明すらない時代から、
発酵食品は人々に愛用されていたのではないか?ということが分かっています。

日本の代表的な発酵食品と言えば、米と麦、大豆を蒸して作りだした麹です。
麹菌を作りだしたことにより、醤油、味噌、酒、お酢など今の食文化を支える様々な発酵食品を作りだすことに成功しました。
海外においても、ワインやチーズ、ヨーグルトと言ったような動物性の発酵食品が沢山作られてきましたが、
日本は主に植物を原料とした発酵食品を産み出してきました。

最近明らかになっているのがこの植物性乳酸菌が体に良く、吸収率が高いということです。
このこともあり、今では日本の発酵食品のレベルの高さは世界的に有名で、
日本のみならず、様々な国で日本が古くから作りあげた発酵食品が利用されています。

発酵食品は腐敗とは全く異なるもので、
発酵することにより、ビタミンやアミノ酸の量が倍増し、体に有益な効果を与えるとして、今もなお人々に愛され続けています。
内側からの健康を考えている方は是非乳酸菌がたっぷり入ったヨーグルトや納豆、麹などの発酵食品を
積極的に毎日の食事から摂取してみて下さい。
また、青汁http://xn--0-kb9b083j.com/nutritional.htmlも美容や健康に良いのでおすすめです。