乳酸菌にまつわる誤解

今話題となっている健康栄養素である乳酸菌ですが、皆さんは乳酸菌と言えばどのようなイメージがありますか?
一番最初に浮かんでくるフレーズと言えば「生きて腸まで届く!」ではないでしょうか?

なぜこのフレーズが付き物かというと、乳酸菌というのは熱や酸に非常に弱いためなのです。
食事から乳酸菌の豊富な食品を摂取しても、胃酸でほとんどが死滅すると言われており、効果的ではないと言われているからです。

しかし実際のところはどうなのでしょうか?
この皆様が抱く「生きて腸まで届く」が効果的というのは乳酸菌の誤解とも言えるかもしれません。
なぜならば胃酸で死滅しても死菌として腸内で働くことができるというのがデータで分かっているからです。

確かに腸内環境をコントロールするという意味では乳酸菌を生きた状態のまま腸内に届け、
善玉菌を増やすことは大切ですが、実は死菌にも非常に嬉しい効果があるのです。
乳酸菌の死菌には免疫力向上やコレステロールの抑制、血流改善などに高い効果があると言われています。

それは死菌が腸内に侵入することにより、体は外敵だと自然に察知し、腸壁を刺激し、白血球の数を一時的に増殖させるのです。
そうすることにより腸内の免疫力が高まり悪玉菌の増殖を抑制することが出来ますから、
結果的には生菌であっても死菌であっても効果は変わりないということが分かるのです。

またヨーグルトでは一日の必要な摂取量の乳酸菌を摂取するのは難しくあっても、
死滅菌を利用すると、ヨーグルトの何倍も摂取することができます。
そのため、下痢も起こしにくいということが分かっています。

ではなぜあの「生きて腸まで届く」とかかげているかというと、
あれは生菌の方がイメージが良い!という企業の戦略であると考えられるかもしれません。
皆様はそのイメージのまま乳酸菌を誤解してはいませんでしたか?
生きていても、死滅していても乳酸菌の働きは効果的だということを知り、摂取していただきたいものです。