海外の発酵食品の歴史

最近腸内環境を整えるのに、乳酸菌が豊富に含まれる発酵食品が注目を浴びていますよね。
発酵食品とは、カビ菌や酵母が微生物による働きを使った食品のことで、食品が酸化する腐敗とは異なります。
発酵することで、食品のアミノ酸やビタミンが何倍にもアップし、体内に栄養素としてより吸収されやすくならされやすくなります。

このように発酵することにより、健康パワーがアップする発酵食品の歴史はかなり古く、
紀元前頃から人々は発酵食品を作り出していたとされています。
日本の麹の歴史もかなり古くから存在し、今や醤油や味噌といった代表的な調味料となっています。

ですが、海外の発酵食品の歴史はこれよりも更に古く、最初に発酵食品を見つけたのは、遊牧民達がミルクを持って旅をしていた時です。
その液状であったはずのミルクが日にちが経つにつれカチカチに凝固し、それを舐めてみると、酸味のきいたまろやかな味わいで美味しい!
ということが分かったのがチーズの始まりであったそうです。

その後からヨーグルトやワインなど、発酵食品は、美味しいだけではなく、体にも良いということが広まり、
全世界中で食品として愛用されるようになったのです。

今では日本でも海外からきた発酵食品であるワインやチーズ、ヨーグルトなどは毎日のように誰かに食されている人気の食品です。
その逆もまたそうで、日本の食文化とも言える醤油や味噌、麹といった発酵食品は、世界で利用され、高い評価を集めています。
これらの発酵食品にはブドウ糖をエサとして乳酸を生成する乳酸菌という体内に必要な細菌が含まれています。

乳酸菌を多く摂取することは、腸内環境が整い、体全体の健康や美容に効果があると言われているので、
私達人間の体には必要不可欠な存在だと言えます。

今日では、日本でも海外でも食生活のバランスの悪化が懸念されていますから、
より一層、意識的にこういった発酵食品を摂取するべきなのです。
古い歴史があるということは、それなりの効果がある!ということですから
現代に生きる私達もこの発酵食品を積極的に摂取するようにしましょう。
出来れば乳酸菌は毎日摂取をすることが大切です。