乳酸菌の噂の真相

現代人の病の一つとも言えるアレルギー疾患や花粉症ですが、マスクや薬を手放すことが出来ず辛い症状に悩まされますよね。
しかし最近になって乳酸菌がこの辛いアレルギーや花粉症に効果があるのではないか?と言われるようになってきました。
その噂の真相のほどはどうなのでしょうか?

乳酸菌というのは、糖分を餌さとして代謝することにより乳酸を生成する細菌ですが、
主にヨーグルトやチーズなどの発酵食品に多く含まれています。

主な働きは、腸内の善玉菌として働き、その他体に有害である悪玉菌の排除や便通改善、また免疫力向上にも効果があるとされています。
花粉症やアレルギーというのは基本的に体の免疫力が低下している時になりやすいとされ、
免疫力を高めることが花粉症やアレルギー対策として良いと言われています。
乳酸菌には、腸内環境を高めて、腸内の免疫力向上に効果がありますから、アレルギーや花粉症対策として利用出来るかもしれません。

というのは、薬品である抗生物質を使用し続けることは、
アレルギーや花粉の方が薬に抗体をつけ、抗生物質が効きにくくなることがあるのです。
ですが、乳酸菌の場合はそのような心配や副作用の心配もないため、安心して誰でも摂取することが出来ます。

例えばキツい薬を使用出来ない妊婦さんや授乳期の方、お子様まで幅広く摂取することが出来ますよね。
特にアレルギー疾患や花粉症に効果があるのではないかと言われているのが、
ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌http://www.noonvalero.com/bihuxizusu.htmlや乳酸菌シロタ株などが
腸内の免疫力向上に効果があるとされています。
それらを含んだ食材を食べ続けることがアレルギー疾患や花粉症を和らげる近道となるようです。

しかし重要なのはこれらは薬品ではないため、疾患に対して直接的な効果はありませんし、
必ずしも誰にでも効果があるということは立証されていません。

そして、何より突発的に使用するのではなく、毎日こつこつと乳酸菌食品を意識的に摂取し続けて、
内側から体を変えることを目的とする必要があるでしょう。
アレルギー疾患や花粉症でお悩みの方は是非一度試してみて下さい。
また、乳酸菌以外に注目していただきたいのがコエンザイムQ10http://xn--q10-qi4bta9dwa15axfq275aa7725dh7xd.net/power_hakkou.htmlです。