体のどこで働くの?

今ヨーグルトの宣伝など、何かと話題になっている乳酸菌ですが、
乳酸菌とは一体どんな役割があり、体内のどの部分で働いているのでしょうか?

まず乳酸菌とは何か?という点ですが、これは私達人間や動物の消化器官や腸内に元々ある細菌の一種で、
代謝により乳酸を生成することにより出来上がります。

食品でいうと、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や、漬物や納豆などの発酵食品に多く含まれ、
通常は腸内に届いてから善玉菌となり、腸内環境を整える役割があるとされています。

しかし乳酸菌もそうですが、細菌のほとんどが胃酸により死滅してしまい、腸まで届くことができないと言われています。
そのため、乳酸菌を意識的に摂取しようとするためには、胃酸が少ない時に摂取するか、
または胃酸に負けない種類を摂る必要があります。

最近では胃酸にとけない乳酸菌というのが作られていますから、生きたまま腸に届けることが出来るようになり、
非常に効率良く効果を発揮出来るようになりました。

では腸に届くと言われていますが、乳酸菌は一体どこで働くのでしょうか?
主に小腸にて働き、食べ物を効率良く消化吸収するのを支えています。

もしこの小腸に乳酸菌を含む善玉菌が不足すると、悪玉菌を抑制することが出来ず、
腸内で次々に悪玉菌が繁殖し、便秘や下痢といった症状が起こりはじめます。
これはどういうことかというと、体内に老廃物や毒素、細菌などが溜まり、健康な体を維持することが出来なくなるのです。
ですから、そうならないために生きた状態のまま腸に送り届けることは体にとって非常に重要なことだと言えます。

しかし腸で働く乳酸菌は善玉菌となり体を助ける役割を持ちますが、
乳酸として、血中に流れでたものは、血液を酸化させるものになりますから、体にとって悪影響なものとなります。

最近では効率的に生きた状態のまま腸へ届けるために、それだけを目的としたヨーグルトやプロバイオティクス食品と呼ばれる健康食品も登場しています。
またサプリメントなども効率良く摂取するためには優れたものとなりますから、
腸内コントロールのために是非乳酸菌を積極的に取り入れてみて下さい。

食品やサプリメントで体内に取り込む以外にも、お肌に直接乳酸菌を塗る方法もありますので、
気になる方は配合化粧品を試しに使ってみてください。

また、乳酸菌で髪の毛も綺麗にすること出来ます。
良いシャンプーと一緒に使えば相乗効果も。
詳しくはhttp://xn--t8j4aa4n6jsg5c7fnd.net/nonsirikonn.html
http://xn--x-lfuqezb9d9bu607do38a.com/taiken_m.htmlをご覧ください。